高齢者モデルキャスティング&モデル撮影:高齢者向け監視サービス、カタログ用 写真撮影

『高齢者』『中高年』向けサービスの仕事に携わることが多くなりました。最近の傾向です。世の中の流れや現実を見越して、皆さんが展開されているのでしょう。

今回は、高齢者の『健康管理』や『見守り』をキーワードにしたサービスの、カタログや、WEBサイト用の写真撮影と、撮影のコーディネート、モデルのキャスティングをおまかせいただきました。

まず、撮影規模に応じての撮影チームの構築です。これまで、一緒に、中高年向けサービスの撮影を多く手掛けているチームで取組むことにしました。カメラマン、アシスタント、ヘアメイク&スタイリスト、雑用係の私です。撮影場所は、ハウススタジオです。事前に、クライアント様からイメージと必要な備品を聞き、何件か該当するスタジオをピックアップしました。予算と、その他の条件で、スタジオを確定しました。

希望のモデルですが、当初は、女性の高齢者で、日本人のモデルを希望されていました。ですが、世界に展開することも検討されているとお聞きしたので、外国人の女性の高齢者モデルの提案もしました。結果、外国人モデルに決定しました。撮影は、いつも通り、スムーズに進みます。経験豊富な撮影スタッフと、ベテランのモデルです。息があい、また、クライアント様が、何を望まれているか理解でき、望まれている以上の撮影ができました。これは、私たちだけの力でなく、クライアント様の事前準備と、ご協力のおかげでもあります。

私たちの撮影スタイルは、規模と内容にもよりますが、ほとんどの場合、撮影時に多くの人材を起用しません。クライアント様にも参加して頂き、一体感を感じて頂きながら撮影をします。楽しんで頂けますし、より、真剣にもなっていただけます。結果、コストも下げることができるのです。このスタイルは、クライアント様に、評価を頂いています。

今回は、お問い合わせを頂いてから撮影まで、10日間です。急で、慌ただしく、難しいお仕事でしたが、クライアント様、カメラマン、モデル事務所、その他の撮影スタッフの協力で、撮影は成功しました。